テックアカデミーのWebアプリケーションコースで転職できる?

悩んでいる人

テックアカデミーのWebアプリケーションコースを受講すると、何ができるようになるの?未経験でも大丈夫?転職できる?

こんな疑問にお答えします。

この記事の内容
  • テックアカデミーのWebアプリケーションコースの概要
  • Webアプリケーションコースのおすすめプラン
  • Webアプリケーションコース受講後、転職できる?
  • Webアプリケーションコース受講後、フリーランスでやっていける?

\お得な割引を使って受講しよう!/

未経験からWeb開発エンジニアに転身した方法とは?

目次

テックアカデミーのWebアプリケーションコースの概要

テックアカデミーのWebアプリケーションコースの概要は下記になります。

項目概要
学習内容Ruby/Ruby on Rails
Git/GitHub
HTML/CSS3
Bootstrap
SQL
Heroku
受講形態オンライン完結
講師選考を通過した現役エンジニア
パーソナルメンター現役エンジニア
チャットサポート15〜23時(8時間)
受講期間4週間
8週間
12週間
16週間
メンタリング回数4週間:7回
8週間:15回
12週間:23回
16週間:31回
料金(税込)社会人:174,900円~
学生:163,900円~
転職サポートあり

テックアカデミーのWebアプリケーションコースの学習内容

テックアカデミーのWebアプリケーションコースの学習内容は下記になります。

項目説明
Ruby/Ruby on Railsプログラミング言語Rubyを使い、WebアプリケーションフレームワークのRuby on Railsで実装する方法を学習します。
Git/GitHub実践的なチーム開発を行うために、ソースコードのバージョンを管理するGitを学び、GitHub上で管理する方法を学習します。
HTML/CSS3HTMLはWebページを表示するための言語です。CSS3はデザインやレイアウトを制御する言語です。
Bootstrapフロントエンドのフレームワークです。効率的にデザインが整ったサイトを開発でき、レスポンシブWebデザインに対応しています。
SQLデータベースを操作するための言語です。
HerokuHerokuはPaaS(Platform as a Service)の1つで、Webアプリケーションの構築から保守、運用までできるクラウドサービスです。GitHubと連携することで簡単にWebアプリケーションを公開することができます。

フロントエンドの開発で使用するHTML/CSS3やBootstrap、バックエンドの開発で使用するRuby/Ruby on RailsやSQLを学習することで、Webアプリケーションを開発するのに必要な言語は一通り学習できます

Git/GitHubやHerokuを使うことで、ソース管理の方法やWebアプリケーションの公開など、実践的な学習もできます

Webアプリケーションコースのおすすめプラン

Webアプリケーションコースのおすすめプラン

Webアプリケーションコースには「4週間」「8週間」「12週間」「16週間」プランの4つが用意されています。

Webアプリケーションコースのプラン
  • 4週間プラン:集中して学びたい方向け
  • 8週間プラン:じっくり学びたい方向け
  • 12週間プラン:多忙で時間がない方向け
  • 16週間プラン:焦らず学びたい方向け
スクロールできます
4週間プラン8週間プラン12週間プラン16週間プラン
社会人料金
(税込)
174,900円229,900円284,900円339,900円
学生料金
(税込)
163,900円196,900円229,900円262,900円
メンタリング7回15回23回31回
チャットサポート15〜23時
(8時間)
15〜23時
(8時間)
15〜23時
(8時間)
15〜23時
(8時間)
学習時間の目安
(1週間)
40〜50時間20〜25時間14〜18時間10〜13時間
1時間あたりの料金社会人:780円
学生 :731円
社会人:513円
学生:439円
社会人:423円
学生:342円
社会人:379円
学生:293円

Webアプリケーション初学者のおすすめプラン

Webアプリケーション初学者の場合、「12週間」「16週間のいずれかのプランをおすすめします

理由は基本的な技術をしっかり理解して学習すると実践で役立つからです。

初学者だと学ぶことも多く、理解や調べることに時間を要し、学習期間が長いと余裕をもってじっくり学習できます。着実にスキルを身につけるために無理のない学習計画を立てるのが重要です。

そのため学習期間が12週間」「16週間のいずれかのプランをおすすめします

未経験でもやっていけるか不安がある場合、無料で相談できます。

Webアプリケーション開発経験者のおすすめプラン

Webアプリケーション開発経験者でRuby/Ruby on Railsのスキルを一つの武器にしたいと考えている人には、「4週間」「8週間のいずれかのプランをおすすめします

既に他の言語でWebアプリケーションの開発経験があれば、理解は早いので出される課題も難なくクリアできると思います。

というわけで比較的短期間の4週間」「8週間のいずれかのプランをおすすめします

短い期間でもスキルが身につくか不安がある場合、無料で相談できます。

Webアプリケーションコース受講後、転職できる?

Webアプリケーションコース受講後の転職

テックアカデミーのWebアプリケーションコースを卒業し、Webエンジニアとして転職した人はたくさんいます

Webアプリケーションコースの卒業生が転職に強い主な理由は下記になります。

転職に強い理由
  • 受講生限定の無料転職サポート
  • Webアプリケーションコースの実践的なカリキュラム
  • 現役エンジニアのメンターが全力で学習をサポート

受講生限定の無料転職サポート

テックアカデミーには受講生限定の無料転職サポートサービスがあります。

受講生のプロフィールや学習で身につけたスキルをもとに企業やコンサルタントからスカウトメッセージが届きます

受講と同時に利用可能で、学習を進めていくことで自身のアピールにも繋がり、学習しながら転職活動できます。

Webアプリケーションコースの実践的なカリキュラム

Webアプリケーションコースのカリキュラムは、現役エンジニアが作成したもので、より良いカリキュラムになるよう常にアップデートされ実践的な内容になっています

受講期間内で3つのアプリケーション「メッセージボード」「Twitterクローン」「オリジナルサービス」のリリースを目指します。実務に近い形の学習で実践で通用するスキルが身につきます

現役エンジニアのメンターが全力で学習をサポート

学習した知識を実際に「使える」ようになるために、受講する中で手を動かしながら実践に近い形で開発していきます。

分からないことがあれば実務経験のある現役のエンジニアに質問でき、すばやく回答してくれます

Webアプリケーションコースの受講でWebエンジニアに転職できる

そのためテックアカデミー卒業生にはWebエンジニアの転職に成功した人が多くいます

転職に興味があり本当に転職できるか不安、何からはじめればいいのかを知りたい人は無料で相談できます。

Webアプリケーションコース受講後、フリーランスでやっていける?

Webアプリケーションコース受講後、フリーランスになることはできます。

ただし、稼げるかというと別の話になります。下記のような人はフリーランスでもやっていけます。

フリーランスをおすすめできる人
  • すでにWeb開発のエンジニアとして実績がある
  • 身近に相談できる優秀なエンジニアがいる
  • 契約を獲得できる人脈がある

上記に当てはまらない人はWebアプリケーションコース受講後、すぐにフリーランスになることはおすすめしません。

理由は、フリーランスは実績がないと単価を上げるのが難しいからです。

例えばエージェントから案件を紹介してもらう場合、必須スキルの経験年数が2年、3年以上の案件が多いので、経験年数が短いと希望の案件の商談ができません。

まずWebアプリケーションコースで受講した内容を活かせる開発現場に転職し、2年~3年エンジニアとして実績を積むことをおすすめします

フリーランスになるとRuby on Railsの案件を、月80万円以上の単価で契約することもできます

2022年1月時点でレバテックフリーランスに掲載されているRuby on Rails案件の平均月額単価は80万円です。ただし、案件により求められるスキルは異なり単価にも差があります。経験の浅い人でも応募できる案件だと、月額単価50万~70万円台と相場より低くなるケースもあるでしょう。

レバテックフリーランス

\お得な割引を使って受講しよう!/

未経験からWeb開発エンジニアに転身した方法とは?

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる