Chromeのウィンドウサイズを常に同じにする方法【Window Resizer】

目次

Chromeの拡張機能「Window Resizer」

ブログにアップするChromeのスクリーンショットを撮る際、ディスプレイの解像度によってはスクリーンショットの範囲が大きくなり、小さい範囲で撮ろうと思うと手で調整する作業が発生することがあります。

今回は、その手作業をなくし、Chromeのウィンドウサイズを常に同じサイズに変更できる(固定化できる)、Chromeの拡張機能Window Resizer」を紹介します。

「Window Resizer」をインストール

STEP

Chromeウェブストアにアクセスし、「Window Resizer」を検索します。

Chrome ウェブストアのWindow Resizer
STEP

検索結果から「Window Resizer」を選択し、概要などの説明がある画面の「Chrome に追加」ボタンを押します。

Window ResizerをChromeに追加

以上でインストールは完了です。

「Window Resizer」の使い方

Chromeのウィンドウサイズの変更方法

Chromeの右上の「Window Resizer」のアイコンを押すと「Window Resizer」の画面が表示され、ウィンドウサイズを変更できます。

ウィンドウサイズを1440×900に変更したい場合、リストから1440×900(Laptop)を押すだけで変更できます

Chromeのウィンドウサイズの変更方法

ウィンドウサイズの設定を作成

自分で特定のウィンドウサイズにしたい場合、設定を登録することができるので、その手順を説明します。

STEP

Settings」アイコンを押し、設定画面を開きます。

ウィンドウサイズの設定を作成1
STEP

設定画面の「presets」の「+」アイコンを押すと、設定を登録する画面が表示されます。

ウィンドウサイズの設定を作成2
STEP

以下の内容を入力し、「save preset」ボタンを押して登録します。

  • Width × Height:Width に「1280」、Heightに「720」を入力
  • Icon:ノートPCのアイコンを選択
  • Description:「作業用」を入力
ウィンドウサイズの設定を作成3
STEP

登録が完了すると、「1280×720 作業用」がpresetの一覧に表示されます。

ウィンドウサイズの設定を作成4
STEP

追加した「1280×720 作業用」を選択することで、ウィンドウサイズを1280×720に変更できます

ウィンドウサイズの設定を作成5

設定手順は以上になります。

補足:Chrome右上の「Window Resizer」アイコンを表示する方法

「Window Resizer」をインストール後、Chromeの右上に「Window Resizer」アイコンが表示されない場合、下の図のように拡張機能「Window Resizer」のピン留めのアイコンを押すと表示されます。

拡張機能「Window Resizer」のピン留め

ブログにおすすめのレンタルサーバー

WordPressでブログを簡単に始めることができるレンタルサーバーについて、下記の記事で紹介しています。お役に立てれば幸いです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる